ツユクサ科 ツユクサ属

ホソバツユクサ(細葉露草)

Commelina communis var. ludens

ホソバツユクサ     ホソバツユクサ
2012.09.19 伊江島

ホソバツユクサ ホソバツユクサ
2013.09.05 伊江島

ホソバツユクサ ホソバツユクサ
2013.09.05 伊江島

ホソバツユクサ ホソバツユクサ
2013.09.05 伊江島

ホソバツユクサ     ホソバツユクサ
2014.03.29 伊江島


【特  徴】草丈20〜50cmの一年生草本。ツユクサに似るが、茎は基部で分枝し、匍匐または斜上して節から根を出して広がる。葉は広披針形で先は尖り、長さ3〜6cm、幅1〜2cm。包(ほう)は半円形で、広鋭尖頭、長さ幅とも7〜10mm。花は淡紫色から青色で、径1cmくらいになる。ツユクサより毛が多い。

【生育環境】低地の林縁
【分  布】奄美大島、与論島、沖縄島、伊江島、座間味島、渡名喜島、朝鮮
【開花時期】年中
【カテゴリ-】沖縄県カテゴリー:準絶滅危惧