バラ科 シャリンバイ属

ホソバシャリンバイ(細葉車輪梅)

Rhaphiolepis indica var. liukiuensis

ホソバシャリンバイ ホソバシャリンバイ
2012.05.26 国頭村

ホソバシャリンバイ         ホソバシャリンバイ
                2013.02.10 うるま市

ホソバシャリンバイ         ホソバシャリンバイ
                2013.05.19 東村


【特  徴】樹高5〜10mの常緑高木。葉は互生し、単葉で細長くて厚く、光沢があり、先は尖って、縁は荒く鋸歯がある。名前のとおり普通のシャリンバイと比べると細長く、狭倒卵形〜狭長楕円。新葉が美しい。花は梅の花に似た直径1〜1.5cmで、5弁の白い花を咲かせ、芳香を放つ。果実は直径8〜12mmの球形で、秋に黒紫色に熟す。
 樹皮や根には「タンニン」と呼ばれる物質を含み、染料に用いられる。
 名前の由来は、シャリンバイより細みであることから。

【生育環境】海岸線沿い〜低地の林縁
【分  布】奄美〜沖縄諸島 固有種
【開花時期】3月〜5月
【カテゴリ-】