ヒルガオ科 サツマイモ属

ホシアサガオ(星朝顔)

Ipomoea triloba

hosiasagao hosiasagao
2010.12.13 南大東島

hosiasagao hosiasagao
2012.10.31 国頭村                                    2014.10.03 名護市

hosiasagao    hosiasagao
2014.10.03 名護市                              2015.11.15 南風原町

hosiasagao    hosiasagao
2015.11.15 南風原町

hosiasagao    hosiasagao
2015.11.15 南風原町


【特  徴】草丈は1m〜5mの蔓性1年草。蔓で、他のものに巻きついて広がる。葉は互生し、広卵形〜心形で毛があり、3裂しているもの、丸葉のものと多彩である。いずれも先端は急に尖る。花は直径約2p。花冠は桃色で、中心は濃い紅紫色の漏斗形で、花の縁は浅く5裂し、裂片の先はやや尖り星形(名前の由来)になる。花枝は葉柄より長い。果実は刮ハで球形。

【生育環境】草地、林縁
【分  布】西日本〜沖縄    北アメリカ原産の帰化植物
【開花時期】周年
【カテゴリ-】