モッコク科 ヒサカキ属

ヒサカキ(姫榊)

Eurya japonica

ヒサカキ ヒサカキ
2007.02.17 国頭村                                2012.02.15 名護市

ヒサカキ ヒサカキ
2012.02.15 名護市                                    2012.02.18 名護市

ヒサカキ ヒサカキ
2012.02.18 名護市

ヒサカキ   ヒサカキ
2012.02.18 名護市                                  2014.02.23 国頭村

ヒサカキ    ヒサカキ
2015.03.08 国頭村

ヒサカキ    ヒサカキ
2016.02.03 うるま市 雌花


【特  徴】高さ3〜8mの雌雄異株の常緑低木。樹皮は灰褐色。葉は互生し、長さ2〜10cm、幅2〜5cmで、楕円形〜倒卵形。基部の形はくさび形で、単鋸歯である。葉柄の長さは1〜5mmで、葉脈、側脈は曲線・不明瞭である。葉腋に白い花を束生する。花弁は5個で、雄花には雄しべが10〜15個、雌花には雌しべが1個ある。果実は球形で、黒紫色に熟す。

【生育環境】山地、林縁
【分  布】本州(岩手県・秋田県以南)・四国・九州・沖縄
【開花時期】2〜4月
【カテゴリ-】