シソ科 アキギリ属

ヒメタムラソウ(姫田村草)

Salvia pygmaea

ヒメタムラソウ ヒメタムラソウ
2004.02.28                                         2008.05.25

ヒメタムラソウ     ヒメタムラソウ
2013.03.17 東村

ヒメタムラソウ
2013.03.17 東村

ヒメタムラソウ     ヒメタムラソウ
2014.03.17 石垣島

ヒメタムラソウ     ヒメタムラソウ
2015.09.14 国頭村

ヒメタムラソウ    ヒメタムラソウ
2015.09.14 国頭村  斑入


【特  徴】草丈10〜15pの多年草。葉はロゼット状に広がり、頭大2回羽状複状複葉。小葉はやや細かく羽状に中裂し、頂小葉は卵形。花は上部に穂状花序となり、輪生状に唇形花を多数つける。花冠は白色で長さ約5mm。やや紫色を帯びることもある。

【生育環境】渓流沿いの岩上や湿った場所
【分  布】琉球列島
【開花時期】10〜5月
【カテゴリ-】