クロウメモドキ科 クマヤナギ属

ヒメクマヤナギ(姫熊柳)

Berchemia lineata

ヒメクマヤナギ ヒメクマヤナギ
2007.08.31 西表島                                  2010.10.08 那覇市

ヒメクマヤナギ ヒメクマヤナギ
2010.10.08 那覇市                                2012.05.27 国頭村

ヒメクマヤナギ   ヒメクマヤナギ
2012.06.26 浜比嘉島                                   2014.01.19 恩納村

ヒメクマヤナギ    ヒメクマヤナギ
2015.06.20 国頭村


【特  徴】高さは9m前後に達する半常緑の葡萄性低木。枝はよく分岐し、地上を這い、1m〜3mになる。葉は互生し、葉柄は長さ2oで短軟毛があり、葉身は楕円形〜倒卵状楕円形で、長さ10〜20oの裏面は灰白色。側脈は5〜6対。花は葉腋あるいは頂生し、散形花序に1〜数個の白花をつけ、小花梗は長さ2〜3o。萼片は5個で、狭三角形先の長さ2〜3o。5枚の花弁は萼片より小さいので、萼が花びらのように見える。雄ずい5個で萼片より長い。核果は楕円形で、黒紫色に熟して食べられる。

【生育環境】海岸の砂浜や岩場
【分  布】奄美大島以南〜沖縄諸島、台湾、南中国、インドシナ、インド
【開花時期】6〜12月
【カテゴリ-】