アカネ科 タニワタリノキ属

ヘツカニガキ(辺塚苦木)

inoadina racemosa

ヘツカニガキ ヘツカニガキ
2012.05.27 国頭村  蕾

ヘツカニガキ ヘツカニガキ
2012.06.23 大宜味村

ヘツカニガキ ヘツカニガキ
2012.06.23 大宜味村

ヘツカニガキ ヘツカニガキ
2012.06.23 大宜味村

ヘツカニガキ    ヘツカニガキ
2014.07.29 伊平屋島

ヘツカニガキ    ヘツカニガキ
2015.11.03 国頭村

ヘツカニガキ ヘツカニガキ
2015.11.03 国頭村

ヘツカニガキ     ヘツカニガキ
2016.03.27 大宜味村


【特  徴】樹高20m程度の落葉高木。葉は対生し、長さ5〜12cm、幅4〜7cm程度の卵円形〜卵状長楕円形で先は尖り、全縁で質は堅い。長さ5〜6cmで球形の頭状花序を出し、淡黄白色の花を多数付ける。花冠は筒状で先端は浅く5裂する。雌しべは花冠から突き出る。朔果は楔形で長さ3mm程。

【生育環境】低地から山地の森林、林縁
【分  布】四国、九州南部、種子島、屋久島、徳之島、伊平屋島、伊是名島、沖縄島北〜中部、久米島、台湾、中国中南部
【開花時期】6〜7月
【カテゴリ-】絶滅危惧U類