キク科 ムカシヨモギ属

ハルジオン(春紫苑)

Erigeron philadelphicus

ハルジオン         ハルジオン
2012.03.08 国頭村                 

ハルジオン
2012.03.08 国頭村


【特  徴】草丈30〜70cmの多年草。茎は開出する軟毛が多く、断面は中空。根元には根出葉がある。根出葉と下部の葉は長楕円形〜へら形で、鈍鋸歯があり、花の時期にも残ることが多い。葉と茎は黄緑色で、まばらに毛が生える。茎はあまり枝分かれせずに伸び、先の方で何回か枝分かれして、花を付ける。茎葉の基部は茎を抱く。頭花は散房状に付き、径1.5〜2.5cm。細い舌状花は糸状で、淡桃色〜白色。冠毛は長い。
 ハルジオンとヒメジョオンはよく似ているが、春紫苑は蕾の時に下を向いていることや、茎が中空であることに対して、ヒメジョオンは上を向いていることや、一回り花が小さいことで見分けられる。

【生育環境】日当たりの良い道端、土手、草地
【分  布】日本全土  逸出帰化(北アメリカ原産)
【開花時期】2〜8月
【カテゴリ-】