アカネ科 ハナガサノキ属

ハナガサノキ (花笠木)

Morinda umbellata L.

ハナガサノキ    ハナガサノキ
         2006.09.23 大宜味村                                  2012.09.23 大宜味村

ハナガサノキ     ハナガサノキ
2013.06.23 大宜味村

ハナガサノキ     ハナガサノキ
2014.11.26 伊平屋島

ハナガサノキ     ハナガサノキ
2014.12.29 伊平屋島

ハナガサノキ     ハナガサノキ
2015.06.07 国頭村

ハナガサノキ     ハナガサノキ
2015.12.05 国頭村


【特  徴】常緑の藤本。葉は対生し長楕円形で先が尖る。花は小さな白色で、短い枝の先に頭状花序が5〜10個集まって傘状になる。液果は果序全体がひと塊となって直径約1cmで、冬に鮮やかな橙色に熟する。

【生育環境】低地〜山地の林内、林縁
【分  布】屋久島以南〜沖縄、台湾〜インド
【開花時期】6〜7月
【カテゴリ-】