スイカズラ科 ガマズミ属

ハクサンボク (白山木)

Viburnum japonicum

ハクサンボク ハクサンボク
2003.05.09


ハクサンボク ハクサンボク
2005.12.04                                         2007.02.25

ハクサンボク ハクサンボク
2007.03.17                                         2007.12.30

ハクサンボク ハクサンボク
2012.02.15 名護市                                 2013.03.24 名護市

ハクサンボク    ハクサンボク
2014.02.23 国頭村

ハクサンボク    ハクサンボク
2015.01.18 国頭村

ハクサンボク     ハクサンボク
2015.03.08 国頭村

ハクサンボク     ハクサンボク
2015.12.20 東村

ハクサンボク     ハクサンボク
2016.03.12 国頭村

ハクサンボク     ハクサンボク
2017.08.06 名護市


【特  徴】高さ100〜200pの常緑小高木。茎は扁平でごく狭い翼がある。樹皮は、帯暗紫褐色。葉は、対生し、革質、広倒卵形で歯牙状低鈍鋸歯縁がある。葉の上面には光沢があり、下面は淡緑色で黒い腺点が散在する。花は枝の先に集散花序の白花を密生する。楕円形の核果をつけ、熟すると赤くなる。花および葉は乾くと異臭がある。

【生育環境】暖地の山野、林縁、海岸
【分  布】本州(長門)、九州、沖縄、台湾
【開花時期】2〜4月
【カテゴリ-】