サトイモ科 ハブカズラ属

ハブカズラ(波布蔓)

Epipremnum pinnatum

ハブカズラ     ハブカズラ
2014.01.11 西表島



【特  徴】5〜10m以上になる蔓性多年性草本。茎は木質化し、径2〜5cm。付着根で樹上または岩上によじ登る。葉は卵状楕円形で長さ30〜60cm、幅20〜40cm、羽状に深裂し、裂片は4〜5対。仏炎苞は黄緑色、花序は肉穂花序の円柱形で、長さ10〜15cm、径約2cm。

【生育環境】低地〜山地の常緑樹林内の樹幹上または岩上
【分  布】沖縄諸島、八重山諸島、台湾、中国南部、東南アジア
【開花時期】3〜6月
【カテゴリ-】