アカネ科 ギョクシンカ属

ギョクシンカ(玉心花)

Tarenna gracilipes

ギョクシンカ ギョクシンカ
2010.06.13  東村

ギョクシンカ ギョクシンカ
2010.06.13  東村                                  2013.06.16  東村

ギョクシンカ    ギョクシンカ
2015.06.20  国頭村                                  2015.06.27  国頭村

ギョクシンカ
2017.07.02  国頭村

ギョクシンカ
2017.07.02  国頭村


【特  徴】高さ1〜3mの常緑低木。葉は対生し、狭楕円形、長さ10〜15p、幅4〜5p、先端と基部は鋭く尖り、主脈側脈が凹んでいるのが鮮明で、縁が波打つ。枝先に径10〜20pの散房花序を頂生し、数十個の花梗は5〜8p、花冠は白色で線形、弁片は5裂し、長さ1〜1.5p、雄ずいは4〜5個。花後の果実は1cmほどの球形で黒熟する。

【生育環境】低地から山地の林縁
【分  布】九州南部から琉球列島、台湾
【開花時期】5〜9月
【カテゴリ-】