ミツバウツギ科  ゴンズイ属

ゴンズイ(権瑞)

Euscaphis japonica

ゴンズイ ゴンズイ
2008.05.15 国頭村                                      09.07.25 東村

ゴンズイ ゴンズイ
09.07.25 東村                                  2013.03.19 国頭村

ゴンズイ ゴンズイ
2013.03.19 国頭村

ゴンズイ
2013.03.19 国頭村

ゴンズイ
2014.08.20 名護市

ゴンズイ     ゴンズイ
2014.08.20 名護市                            2017.08.06 名護市

ゴンズイ     ゴンズイ
2017.08.06 名護市


【特  徴】樹高3〜8m程の小高木。樹皮は若木は灰褐色で、太くなると黒褐色になり、白くかすれたような模様がある。葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は5〜11枚。側小葉は卵状披針形で先は尖り、長さ5〜9p、幅2〜5p。小葉の表面は、濃緑色でやや光沢があり、裏面は淡緑色。花は、枝の先に長さ15〜20pの円錐花序を付け、黄白色で直径3〜4oの小さな花を多数付ける。花弁と萼片は5枚。果実は袋果で長さ1pの半月形。果皮は肉厚で赤く熟す。熟すと裂開し、黒い光沢のある種子が1〜2個顔を出す。
 材が脆くて役に立たないので、同じように役にたたない魚のゴンズイの名がつけられたという説がある。

【生育環境】低地〜山地林縁
【分  布】本州(関東以西)、四国、九州、南西諸島、中国、朝鮮、台湾
【開花時期】3〜5月
【カテゴリ-】