マツブサ科 サネカズラ属

ビナンカズラ(美男葛)
サネカズラ(実葛)

Kadsura japonica

ビナンカズラ ビナンカズラ
2007.01.13 名護市

ビナンカズラ ビナンカズラ
2011.01.16 名護市

ビナンカズラ
2011.01.16 名護市

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.10.08 国頭村 雌花

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.10.08 国頭村 雌花

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.10.08 国頭村 雌花

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.10.15 国頭村 雌花

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.10.15 国頭村 果実                            2015.12.28 国頭村 果実

ビナンカズラ    ビナンカズラ
2015.12.28 国頭村 果実


【特  徴】高さ3〜8mの常緑の蔓性樹木。通常は雌雄異株であるが、雌雄同株のものもある。花を咲かせた後、雌株(もしくは雌花)は粒々がたくさん集まって球形をなした実を付ける。果実は熟すと光沢のある赤色になる。花色は淡いクリーム色で雌花は中心に淡い緑色の雌しべが小球状に固まって付き、雄花は紅色の雄しべが小球状に固まって付く。葉はやや肉厚で先の尖っただ円形で、縁はごくゆるい鋸状。
 枝をつぶすか樹皮を剥いで水に浸しておくとねばねばした液が出てきて、昔それを整髪に用いたのでビナンカズラ(美男葛)の名前がある。

【生育環境】山地、林縁
【分  布】関東より西の地方、南西諸島、朝鮮半島南部、台湾、中国
【開花時期】7〜1月
【カテゴリ-】