バラ科 バクチノキ属

バクチノキ(博打の木)

Prunus zippeliana

バクチノキ     バクチノキ
2015.04.08 大宜味村

バクチノキ
2015.04.08 大宜味村


【特  徴】樹高10〜15m程の常緑高木。樹皮は灰褐色で古い樹皮が鱗片状に剥がれ、黄赤色の斑紋となる。葉は互生し、長さ10〜20p、幅4〜7pの長楕円形で先は尖り、洋紙状革質。無毛。縁は鋭鋸歯があり、裏側に反り返る。葉腋から総状花序を出し、直径6〜7mmの白い花を多数つける。果実は約1.5pの楕円形で、紫黒色に熟す。
名前の由来は、樹皮が次々に剥げ落ちて木肌が現れるところを、博打に負けて身ぐるみ剥がれるのに例えた。

【生育環境】湿り気のある林内
【分  布】関東以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾、中国、ベトナム
【開花時期】
【カテゴリ-】