アオギリ科  アオギリ属

アオギリ(青桐)

Firmiana simplex

アオギリ アオギリ
2008.08.03 大宜味村

アオギリ アオギリ
2012.06.28 大宜味村

アオギリ アオギリ
2014.06.20 大宜味村

アオギリ   アオギリ
2014.06.20 大宜味村


【特  徴】アオギリは高さ15mになる落葉高木。雌雄同株。樹皮は緑色で平滑である。1年生枝は太く緑色で帯黒色の斑紋がある。葉は大形の扁円形で互生し、長い葉柄によって枝先近くに集まり浅く3〜5裂し、元は心臓形で縁には鋸歯はない。枝先に大きな円錐花序をつけ、多数の小さな花を開く。果実は5個の分果となり、放射状に開出し、乾いたさやで成熟前に裂開して舟状となり、縁にいくつかの球状の種子を付ける。種子は球形である。アオギリ属の特徴は果実が袋状となり、さらには種(タネ)が成熟する前にその袋が開いて垂れ下がる点にある。 キリに似た葉、青い樹皮から「アオギリ」の名がついている。

【生育環境】海岸林や二次林
【分  布】伊豆半島、愛媛県、高知県、大隈半島、琉球列島、台湾、中国、インドシナ
【開花時期】7〜11月
【カテゴリ-】